スポンサー

損する人は損得の定義を知らない!だから同じ損を繰り返す!

得した人も損した人?損は知らないから発生する不利益

「損しない人」 と 「得する人」の違いとは何でしょう?

もしそれを10歳の子供に尋ねられたら、あなたは何と答えますか?

想像してみて下さい。

1aa7d7a50bbb06f713c9aee9d00252f4_l

「損しない人」 と 「得する人」

そこには明確な違いがあります。

あるエピソードを交えて説明していきます。

是非とも、「損する人」 と 「得する人」の両方を体感してみて下さい。

損する人得する人

あなたは急遽、スーツを買いに行かなければならなくなりました。

それというもの、今週は日曜日に研修があるにも関わらず、そのことをすっかり忘れて手持ちのスーツを全てクリーニングに出してしまったからです。

最寄りのセレクトショップに行くと、お手ごろ価格の良い感じのスーツがすぐに見つかりました。

しかし、その隣には全く同じスーツが2割引で売られています。

その理由を店員に尋ねると、「今日は新装開店セールで、先着5名だけに特別価格でスーツを提供している」とのことです。

商品がなくなり次第セールは終了となるため、大々的には宣伝していなかったらしいです。

品質的には定価品もセール品も全く変わらないそうですが、セール期間中はどちらの商品も、一切返品できないので注意して欲しいとのことです。

つまり、同じ商品が値段以外同じ条件で売られているという状況です。

ザッと見回したところ、定価のスーツはたくさん並んでいますが、2割引のスーツは4着しかありません。

このような状況下では、あなたはどう行動しますか?

ほとんどの人は「2割引のスーツを買うに決まっている」と、答えます。

ここで、「定価のスーツを購入する」と答える人は相当なお金持ちか、ワケあってお店に貢献したい人くらいでしょうか。

では、なぜ多くの人は2割引のスーツを選ぶのでしょうか?

「何を当たり前のことを聞いているのだ」と思うでしょうが、もう少しお付き合い下さい。

実際、この質問をすると一番多い答えは、「全く同じものを買うなら2割引の方がお得だから」です。

同じスーツが2割引で買えるのだから、「お得」と感じるワケです。

そこで、2割引のスーツを買うことに決めたあなた。

ただでさえお手ごろ価格のスーツが、さらに安く買えたので自然と頬が緩みます。

足取り軽く家路に向かっていたところ、ヒールの足音が駆け足で近づいてくるのを感じました。

歩を止めて足音に聞き耳を立てていると、ヒール音はあなたの後ろで急に立ち止まりました。

辺り一帯が静寂に包まれます。

ちょっとした不気味さを感じつつも後ろの物音に注意を払っていると、胸の奥まで響き渡るような澄んだ声が響き渡りました。

「あの~すいません」

生つばを飲み込み振り返ってみると、そこには目を見張るほどの絶世の美女が頬を赤らめながら立っていました。

(こんな美人に話しかけられるなんて、今日はなんてラッキーな日なんだ。

俺は今日一日で一生の運を使い果たしたかもしれない。

だとしたら、この後、事故にでも合うんじゃなかろうか?)

そう思うのも無理はありません。

誰が見ても一目で恋に落ちてしまうほどに美しい女性が、急に目の前に現れたのですから、まともな思考回路は残っていません。

そんな夢見心地に浸っていたところ、女性は奇妙な質問を投げかけてきました。

「突然、すいません。私は今、『 損する人の10の特徴 』というタイトルで記事を書いていまして、その参考データとして教えて頂きたいのですが、先ほどはどうして2割引のスーツを購入されたのですか?」

(どういう意味なんだろう?なぜこんな質問をするんだろう?)

質問の意図を推測しようと試みますが、「突然の美女」「不意の質問」「理解不能の内容」の豪華三点セットで、すでに十分過ぎるほどパニックです。

おろおろとしているあなたを後目に、女性は質問を続けます。

「同じスーツを買うなら、なぜ、向かいにあった半額のスーツを買わなかったのですか?あなたは相当なお金持ちか、ワケあってお店に貢献したい人なのですか?」

「……あへ?」

どこからともなく、ワケの分からない声が漏れだしました。

思考回路は完全にショートしました。

急いで先ほどの店に戻り、店内を確認してみたところ、確かに全く同じスーツが半額で売られているではありませんか。

その理由を店員に聞いたところ、返ってきた答えは先程と同じです。

「今日は新装開店セールですから、特別価格で販売しています。しかし、返品はできません」

見事なまでのマニュアル対応です。

愕然と肩を落とすあなたを横目に、先ほどの美女は半額のレディーススーツを持って、レジへと向かって行くのでした。

これは非常に極端な例です。

日常生活においてこのような例はまずないでしょう。

しかし、お買い得と思い購入した商品が数日後、さらに値引きされて販売されていたという経験は誰もがあるのではないでしょうか?

最初は「得した」と思った商品でも、その後次第では「損した」と思うワケです。

同じ商品を買ったとしても「得した」とも「損した」とも思うならば、「損得」とは一体どういったことを意味するのでしょうか?

それは「損得」の定義があいまいだから発生する混乱です。

ここで重要なのは、“その情報は事前に知り得たのか?”

それとも、“知る術はなかったのか?” そのどちらに分類されるかです。

本ブログでは、“事前に知ることができた利益の取りこぼし” 「損した」

“知ることができなかった利益の取りこぼし” を「得できなかった」と表現します。

「なぜ半額のスーツではなく、2割引のスーツを買ったのか?」と問われると、半額のスーツの存在を知らなかったからです。

知らなかったから2割引のスーツを掴まされたのです。

半額のスーツの存在に気付けたら、先述の「このような状況下では、あなたはどう行動しますか?」の質問に対して、「半額のスーツを探す」と答えていたことでしょう。

初めての来店であれば、このようなお店の策略を前もって予測することはまず不可能でしょう。

従って、それは事前に知ることができなかった利益の取りこぼしであり、“得できなかった出来事” となります。

しかし、もし次にも同じようなセールに遭遇すれば、きっと注意深く半額のスーツが隠れていないか探すでしょう。

それにも関わらず、そこでまた同じワナにはまり、2割引きのスーツを買う羽目になったら、それは事前に知る得た利益を取りこぼしたワケですから、“損した出来事” となります。

まとめると、

① 一度目の来店でたまたま半額のスーツを見つけることができれば、それは「得した出来事」

② 一度目の来店で2割引のスーツを掴まされたのであれば、それは「得できなかった出来事」

③ 二度目のセールで半額のスーツを見つけることができれば、それは「損しなかった出来事」

④ 二度目のセールでも2割引のスーツを掴まされたのであれば、それは「損した出来事」

です。

「得」とはたまたま舞い込むご褒美的存在であり、偶然性が伴います。

前もって予測することは不可能です。

一方、「損」とは知識や注意力の不足により生じる利益の取りこぼしです。

不利な場面をしっかりと理解すれば損は避けられます。

そのため、狙うべきは損の回避です。

本ブログ『損得探偵』では、①の「得した出来事」を狙うのではなく、③の「損しなかった出来事」に焦点を当て、日々の生活の中に隠れている「損」について考察していきます。

損は損しやすい場面を知るだけで避けられます。

先ずは身の回りの「損の前触れ」から片付けていきましょう。

「得」を呼び寄せるのは「損の回避」という土台がしっかりしてからでも遅くはありません。

すでにあなたは損を回避するために最も重要な「損得の定義」を理解しました。

後は「損する人」の具体例を知るだけです。

一緒に「損する人の共通点」を探し、「損する人生」から卒業していきましょう。

フォローする

Twitter でフォローしてちょ

コメント

  1. […] 詳しくは『 損得の定義 』をご覧ください。 […]