スポンサー

知らなきゃ損する!一流、二流、三流の違い 【ビジネス編】 Part 1

「一流」「二流」では、何が違うのか?

その違いを必死で考えた人が、「一流」へと登って行き、

何も考えずに毎日を生きた人が、「三流」へと落ちて行く。

「一流」二流「三流」の違いは、たったそれだけです。

「三流」を見て、二流を知り、「一流」に学びましょう。

lgf01a201305231700 (1)

 photo by morrosv7

得する一流、損する二流【ビジネス編】 Part 1

1. 「今日はどのネクタイにしようかな?」

三流は、「適当」に選び、

二流は、「ブランド」で選び、

一流は「訪問先のコーポレートカラー」で選ぶ。

「今日は、りそな銀行への営業だから、緑色のネクタイをして行こう!」

2. 「ちょっと雑用を頼んでも良いかな?」と課長に頼まれ

三流は、与えらえた雑用に文句を言い、

二流は、与えられた雑用を黙々とこなし、

一流は、与えられた雑用に付加価値を付ける。

「頼まれていたコピーですが、誤字を見つけたので訂正しておきました。確認をお願いします」

3. 「雑用ついでに悪いけど、会議室を押さえておいてくれないか?」

三流は、指示内容を間違え、

二流は、指示されたことしかやらず、

一流は、指示される前に動く。

「会議室は既に押さえておきました。会議室Aで大丈夫だったでしょうか?」

 4.  小さなミスにこそ、人の本質が隠れている?

三流は、小さなミスに気付かず、

二流は、ミスを隠すために無駄な労力を使い、

一流は、同じミスを繰り返さないために考える。

「なぜ失敗してしまったんだろう?原因は何なんだろう?」の積み重ねが人を大きくする。

5.  出る杭は打たれる?

三流は、二流の足を引っ張り、

二流は、三流に足を引っ張られ、

一流は、???

続きは Part 2 で!

フォローする

Twitter でフォローしてちょ