スポンサー

言い訳っぽく聞こえる謝罪は何が原因?相手をイラつかせる謝罪の特徴

「待った?遅刻の理由は、別に大したことではないんだけど……約束の時間に遅れてごめんね」

恋人の第一声がこのような謝罪だったら、あなたはどう思いますか?

遅刻した側は、言い訳をしたくなかったのかもれしません。

しかし、これではスッキリしません。

謝罪における主役は、常に謝罪される側です。

謝られる側が納得できない謝罪に価値はありません。

謝罪の理由を伏せられると、「あなたには詳細を話す価値がありません!」と言われたように感じます。

だからといって、「電車が遅れたために遅刻しました。申し訳ございません」では、言い訳のように聞こえてしまいます。

なので、言い訳っぽく聞こえないためには 話の順番” が重要です。

背景や事情も大切ですが、いきなりの状況説明は「自分には落ち度がない!」と主張しているように聞こえます。

ですから、「自分が何を言いたいか」ではなく、「相手が何を知りたいか」をベースに話の内容を考えましょう。

つまり、相手が気にしている事柄に沿って謝罪を進めていくのです。

表1 謝罪での話の展開順謝罪の順番

ついつい、3番の事情説明を先にしたくなりますが、1番の責任の所在、2番の保証について説明してから、3番の事情説明を行うようにしましょう

重要なのは、双方にとって、より良い未来を創ることです。

損する人は、相手にモヤモヤを背負わせます。

損しない人は、相手がスカッとする謝罪をします。

【損する謝罪】
「遅れてしまったのには理由があるんだ。早めに家を出たんだけど、電車が遅れてしまって……約束していた映画が観れなくなってしまってごめん。お詫びに今日の晩御飯は奢るよ」

【得する謝罪】
「今日はごめんね。楽しみにしていた映画が観れなくなってしまって…。埋め合わせとして今日の晩御飯は奢らせて。えっ?遅れた理由?それは電車が人身事故で止まったからなんだけど……もう少し早く家を出れば防げたんだよね。今度からはもっと余裕をもって行動するね。本当にごめんね」

序 章   謝罪テクニックを今すぐ身に付けるべき理由とは!?

第一章   心に響く『誠意』の伝え方

第二章   言い訳っぽく聞こえる謝罪とは? (本記事)

第三章   簡単に相手の心を読む方法 ☜ 次はこちらの記事へ

第四章   謝罪では相手の期待を裏切れ!

第五章   謝罪はエニアグラムを使うと上手くいく

最後に   謝罪効果を上げるために、役立つアイテムとは?

フォローする

Twitter でフォローしてちょ