スポンサー

知らなきゃ損する!一流、二流、三流の違い 【ビジネス編】 Part 4

「三流」は、何も考えず、

二流は、我流で頑張り、

「一流」は、他の一流に学ぶ。

 「三流」を見て、「二流」を知り、「一流」に学びましょう。

tumblr_o9un8o2YZd1r5jwlho4_1280

 photo by Men’s Style Blog

得する一流、損する二流【ビジネス編】Part 4

「最初から読みたい」という方は こちら からどうぞ

15.  課長、報告書を作成しましたので、確認して貰ってもよろしいですか?

三流は、誤字脱字だらけの報告書を作り

二流は、じっくり読まなければ、分からない報告書を作り、

一流は、見て分かる報告書を作る

「読んでもらう報告書」ではなく、「読みたくなる報告書」が一流の共通点

16.  先輩に、すでに観たことがある映画を勧められたとき

三流は、「それ、観たことがあります」で、話を止め、

二流は、「面白そうですね」とウソを付き、

一流は、「実はそれ……僕も大好きな映画なんです」と共感する。

チャンスを活かすも、寝かすも、殺すも、あなた次第!

17.  出世する人には、ワケがある

三流は、上司への媚びへつらい、

二流は、何でも自分一人でこなし、

一流は、他人を褒めるのが絶妙

「みんなのおかげでプロジェクトが無事成功しました」

18.  お酒の席こそ、本性が現れる?

三流は、「給料が安い」と愚痴をこぼし、

二流は、「もし宝くじが当たったら」と妄想し、

一流は、「将来」について語る。

「来年は、経営の勉強を始めようと思っているんだ」

19.  幹事さん、明日のビアガーデンだけど、天気は大丈夫?

三流は、「明日の降水確率は70%みたいです」

二流は、「雨が降ったら、ビアガーデンは延期します」

一流は、「雨が降ったとき用に、室内の店も確保しておきました」

『お~気が利くね』の一言を、どうしたら言って貰えるか?

20.  上司の「今日の飲み会は無礼講だ」、その真意をどう考える?

三流は、“タメ口を使っても良い宴” と考え、

二流は、“少しくらいの無礼は許される宴” と考え、

一流は、“???” と考える。

続きは Part 5 で!

フォローする

Twitter でフォローしてちょ