スポンサー

定年の日に「私の人生、これで良かったのか?」と後悔しないためには?

間違った場所にかけたハシゴを登っても、行き着く先は間違った場所です。

多くの人は目の前の1時間を有効に使うために、今日という1日を無駄にしています。

今、あなたの目の前にハシゴがあるとします。

たいていの人は、このハシゴを「いかに早く登るか」「いかに効率的に登るか」ばかりを考えて毎日を生きています。

そのハシゴが「どこにかかっているか?」は気にすることなく……

4a3c641f00d78b8b6488e50802ca7794_s

「目の前のハシゴを登る」それ自体が目標になっています。

その結果、ハシゴを上りきったときに初めて、登るべきハシゴが間違っていたことに気付くのです。

例えば、今の会社で

サービス残業をして、上司の機嫌を取って、誰でもできる雑務を率先してこなして、飲み会にも参加して、頑張っている姿を必死にアピールして、家に帰っても仕事して、自分の勉強もして、資格を取って、同期との出世競争に勝ったとしても……

その先に待っているものは何でしょうか?

同期より1~2割多めの給料をもらって、その優越感にひたることがあなたの望むゴールなのでしょうか?

何十年も費やす価値があるものなのでしょうか?

多くの人が定年の日を迎え

私の人生、これで良かったのか?

と思うそうです。

36c4342f5bb3b477f9fb8ca58a082bc3_s

もし、あなたも “自分の定年” を今までに想像したことがなかったのであれば、

目の前の1時間を大切に扱うあまりに、より多くの時間を無駄にしている可能性があります。

流れのままに生きるだけでは、本当に望む結果は決して得られません。

間違った場所にかかったハシゴを一生懸命に登ったとしても、間違った場所に少しだけ早くたどり着くだけです。

あなたの理想の収入はどのくらいですか?

あなたの理想の人生はどんな生き方ですか?

目の前にあるハシゴはそこに行き着くようにかかっていますか?

間違ったハシゴを事前に避ける方法はたった一つです。

それは、『夢・目標・目的』の違いをしっかりと理解することです。

損する人は、用意されたハシゴを必死で登る。

損しない人は、『夢・目標・目的』の3点セットを持っている。

フォローする

Twitter でフォローしてちょ