スポンサー

チャンスを掴む人と逃がす人。それはたったの一言で決まる!

「こうすれば上手くいきますよ」

と言っても、

でも、私には無理なんです

と、多くの人は言います。

「こうすれば、人脈が広がりますよ」

でも、私は人見知りなんで……

「こうすれば、成功しますよ」

でも、今は忙しいので……

「こうすれば、理想の人生が手に入りますよ」

でも、私は勉強が苦手なので……

「確かに、それだと難しいですね……」

「それなら、仕方ないですね……」

「不運ですね……」

と、言ってもらいたいのでしょうか?

できない事に、同情してもらいたいのでしょうか?

しかし、

デキない理由をどんなに上手く説明したところで、

所詮、デキないままです

得られるモノは何一つありません。

ちょっと想像してみて下さい。

あなたは、2人の友達に

「何かオススメの映画ない?」

と、尋ねられました。

そこで、あなたは最近レンタルした中で、

一番面白かった作品を、その2人の友人に教えてあげました。

あくる日、

1人は、

「ありがとう。昨日、オススメしてくれた映画、早速借りて観たよ。すごく面白かった」と言い、

もう1人は、

「昨日はオススメの映画を教えてくれてありがとう。でも、今は忙しいから、また時間ができたら観てみるね」と言いました。

あなたは、どちらに好感を抱きますか?

次、あなたが、また面白い映画を見つけたとき、

どちらの友人に「その情報を教えてあげたい」と思いますか?

「ありがとうございます。早速やってみます」

その一言には、強烈なインパクトがあります。

その一言で、

「おっ!コイツは見込みがあるな」

「おっ!コイツは積極的だな」

「おっ!コイツはやる気だな」

と、感じさせることができます。

する人は、いつも言い訳ばかりです。

即決ができません。

する人は、すぐ行動に移します。

何事も経験として受け入れます。

人生とは、その小さな決断の積み重ねです。

どうせ、“でする” なら、“する” ように心がけてみて下さい。

オススメの映画を、1週間後に観ても、

「あっ!観たの?」で終わりです。

しかし、勧められたその日に読めば、

「えっ、もう観たの?」と驚かれます。

どちらも映画を借りて観る労力は変わりません。

しかし、与えるインパクトは大きく変わります。

「ありがとうございます。早速やってみます」

これが、99%の人が言えない、人生を得する合言葉です。

 

フォローする

Twitter でフォローしてちょ